ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


沿革・歴史

 

富士フイルムソフトウエア株式会社

1990年9月11日 富士写真フイルム株式会社が開発・販売する機器製品に搭載される制御ソフトの製造会社として、富士写真フイルム株式会社と秋田県地元企業との合弁により、「株式会社富士フイルムソフト開発センター秋田」を秋田市に設立。
1990年10月 業務用写真・プリントシステム、医療機器、および印刷機器の機器組込みソフトウエア開発を開始。
1992年4月 富士写真フイルム株式会社の100%出資会社となる。
1993年11月 デジタルカメラの組込みソフトウエア開発を開始。
1994年10月 富士フイルムグループITサービス分野でのインフラ構築・運用を開始。
1997年10月1日 富士フイルムグループのデジタルイメージング事業を支える総合ソフト企業への転換・事業拡大を図るため、本社を東京都渋谷区に移転し、現社名「富士フイルムソフトウエア株式会社」に変更。
2000年8月 業務拡大のため、本社を神奈川県川崎市・新百合ヶ丘に移転。
2001年2月 新百合ヶ丘本社内にデータセンターを開設し、ITサービス分野を拡大。
2001年7月 携帯電話の全機種に最適な画像を生成・配信する携帯電話向け画像変換ASPサービス「KeitaiPicture」のバックアップを開始。
2005年5月 FDiサポート&サービスセンターが、富士フイルムグループ(富士ゼロックス除く)としては初めて「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)/BS7799(Ver.2.0)」の認証を取得。
2005年9月 CMMI(Version 1.1)において、全ての開発部門でレベル2を達成。プロセス改善の継続的な推進を開始。
2005年10月 富士写真フイルム株式会社にソフトウエア開発本部新設。富士フイルムとの連携強化によるソフトウエア開発を開始。メディカル分野の開発強化を開始。
2006年4月 SaaS型ファイル共有ストレージサービス「IMAGE WORKS」を開発。富士フイルムイメージテック株式会社(現・富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)と協同にて事業展開を開始。
2008年3月 富士フイルムグループの全公開サーバーのプラットフォーム診断(OS・ミドルウェアの脆弱性診断)等、セキュリティレベル維持・向上のサービスを開始。
2008年10月 グラフィック分野の開発強化を開始。
2009年12月 富士フイルム株式会社ソフトウエア開発センターとの協働強化を中心に、富士フイルムグループを多角的にサポートするため、本社を神奈川県横浜市に移転し、新横浜事業所を開設。
2011年2月 SaaS型ファイル送受信サービス「SECURE DELIVER」を開発。富士フイルムイメージテック株式会社(現・富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)と協同にて事業展開を開始。
2011年10月 富士フイルムグループのライフサイエンス事業のサポートを開始。
2011年12月 CMMI(Version 1.3)において、X線画像診断システム用画像処理ユニットの開発チームが最高位のレベル5を達成。
2012年2月 CMMI(Version 1.3)において、全ての開発部門でレベル3を達成。
2013年12月 CMMI(Version 1.3)において、商業用印刷ワークフローソフトウエア開発部門がレベル4を達成。
2014年2月 CMMI(Version 1.3)において、医療機器組込みソフトウエア開発部門がレベル4を達成。
2014年6月 ソフト開発の更なる強化のため、富士フイルム株式会社ソフトウエア開発センターが廃止され、当社は富士フイルムグループ全体のソフトウエア開発の中核会社となる。
2016年1月 CMMI(Version 1.3)において、医療機器組込みソフトウエア開発部門がレベル5を達成。
2016年5月1日現在 新横浜、宮台、大宮を拠点として、開発にあたる。

CMMIは、カーネギーメロン大学のサービスマークです。
CMMI(Capability Maturity Model Integration):米国カーネギーメロン大学ソフトウエア工学研究所(CMU/SEI)が開発した、システム開発を行う組織の開発プロセスに着目して改善能力の成熟度を5段階で評価する国際的指標モデル


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る